スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルシスト

ワールドカップやってますね。


俺はサッカーに疎いので戦術的なものは、全くわからないんですが、

  「ガチムチに守ってカウンター狙い。それで点が入れば勝ち点GET。」

という泥臭い試合が多い気がします。


それが一般的なサッカーファンにとって、どういう印象を与えるのかは良くわかりません。
でもそういう泥臭さって、重要な時もありますよね。
それに俺は嫌いじゃないです。


確かに、美しいパス回しや、エレガントな試合運び、芸術的なゴール。
そりゃあ見たい。
世界トップクラスの凄さを見てみたい。そんなプレイに酔ってみたい。

でもワールドカップという4年に一度、しかも国を背負っての戦いで、”美しさ”なんてきっとどうでもいいはず。

とにかく、勝つ。
どんなに泥臭かろうが勝つ。
美しさなんて要らない。



ある意味そうやって開き直ったときこそ、その人のフルパワーが出る気がします。

なりふり構わない強さ、って言うんですかね。



部活の過去の試合を見返すと、
恥ずかしながら、けっこー髪型とか気にしてるんですよね。俺も。

本気で勝ちたいなら、そんなんどうでもいいはずなのに。

そーいうときってやっぱり良い試合してない。
相手が必死なら尚のこと。かっこつけてる自分が逆にかっこ悪い。


でも「死んでも勝つ」と決めたときは、髪型とか試合運びとか内容とか、そういうのってどうでも良くなる。
何か吹っ切れるというか。100%の集中力が発揮される。
外野の声がかなりでかいはずなのに、全く聞こえない。

とにかく相手を殺す・殺す・ぶっ殺してやる。
それしか考えてない。

そういう試合のビデオを自分で見返すと、過去の自分自身に鼓舞されます。



ナニが言いたいかというと、ナルシズムってのは重要だし、誰もが持っているものだと思うけども。

真剣勝負のときに、それをどれだけ捨てられるか。

いつなんときでも、それを簡単に捨てられるように、自分を鍛えていかなきゃいけないなぁ、と

ワールドカップを見て思ったんですね。




うわっこの日記ナルシ~。
という、この自己フォローもナルシー・・・?
と、わざわざ書くこの行もナルシストっぽいな・・・。
わわっ!どんどんわざとらしくなっていくな。








僕は野郎10人の前でオナニーしたことがあります。

あのときの俺はなりふり構ってなかった。今でも良き思い出です。

でもね、まじ起たないもんですよ。あーいうときって。

皆さんもれっつとらい!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mutsusinichiro.blog58.fc2.com/tb.php/58-6d131c14

Comment

TONY

僕はトイレで隣に人がいると小便が全然でなくなります
  • URL
  • 2010/06/19 19:45

シャン炉

同じく部活では髪型とか結構気にしちゃってます。
私も試合の時はそうゆうの気持ちを捨てがむしゃらに戦ってきましたw
  • URL
  • 2010/06/20 19:56

琴那

高校の頃部室で抜いた輩がいてそいつのせいで椅子ひとつ空き教室に放棄する羽目になりました^^
  • URL
  • 2010/06/22 14:20
  • Edit

>TONYさん

それなんとなくわかる気がします。
たまにあるある。


>シャン炉さん

癖で前髪よけたりとかやっちゃうんですよね。
完全に自分に蹴りいれたくなる。


>琴那さん

かわいそす。
授業中にやった勇者を知っています。
俺が言う台詞ではないかもしれませんが、
完全に気がクルットル。
  • URL
  • 2010/06/28 21:07

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。